転職を考えている方へ、税理士の資格のおすすめ

税理士という職業にはさまざまな魅力があります。

難関資格を手に入れて、税理士への転職を目指してみませんか。

税理士とは、税務の専門家として、国家の運営の基礎となる納税義務の適正な実現を図り、税務相談等を通して、国民の権利と財産を守る仕事です。

資格としては、全部で5教科の試験の合格が必要となります。



これを、年間1回(7~8月にかけて、複数日に分けて実施される)の試験を受験します。

一度に何教科受験するかは自由で、一回に一教科に絞って受験される方も、何教科も受ける方もいますが、最終的に5教科すべて合格すれば税理士の資格が取れます。

その後、税務実務を積み重ね、顧客を獲得することができます。
5教科もあり試験の年間の実施回数が少ないため、資格が取れるまで数年を要していまうことも多いのですが、そのような難関資格なので、仕事の需要はライバル資格所有者に限られます。

税理士の転職を利用してみる価値はありますよ。

いまでは税理士の数も増えてきてはいますが、比較的安定した職業と言えるでしょう。

また、良い点としては、独立して事務所を開業しやすいことがあります。


仕事の性質上、都市部でも地方でも場所を選ばずできる仕事です。

wikipediaの関連情報がご覧になれます。

そして、男性や女性と性別に関わらず、個々の能力を発揮することができます。この資格は、ご自身のスキルアップとしてはもちろんの事、転職をする際にもとても有利になります。
5科目合格して実務経験を重ねた方は転職市場において高く評価されますし、また5科目合格者のみならず、若い方であれば2~3科目合格でも有能なポテンシャルとして十分に評価頂けるでしょう。